So-net無料ブログ作成
検索選択
騒音が極めて少ない
ストロベリーナイト ネタバレ 過ぎた正義 ブログトップ

ストロベリーナイト ネタバレ 過ぎた正義 [ストロベリーナイト ネタバレ 過ぎた正義]

ストロベリーナイト第4話「過ぎた正義」の感想と
ちょっぴりネタバレです。
過ぎた正義というタイトルを今回重く感じます。
少年犯罪とその刑について遺族や加害者側の家族の気持ち。
これは仕方がないというか、でもいつまで経っても何をもって
解決できるのか・・・しかし円満な解決策なんて今後もまずないんでしょうね。
【送料無料】少年犯罪...

【送料無料】少年犯罪...
価格:777円(税込、送料別)


普段は自分とは関係のないことだと思いますが、
たまには関係のないことと思っていても本を読んだりして考えてみたいと思う。

さて、ちょっと話しそれました(^^;
ストロベリーナイトは原作、グロいシーンなんかも含まれていますが、
こういう何ともいえないテーマも重く盛り込んでいますね。
今回は冒頭シーンとラストのシーンを繰り返し印象を残しています。
さらに3ヶ月前となって4話のストーリーが展開されていきます。
主人公の姫川(竹内結子)と同じく過去のトラウマをもった
葉山(小出恵介)が姫川班に配属された日からとうまく事件とを
絡めていますね。
第4話と第5話のゲスト出演となる倉田(杉本哲太)が人間くさい味出していていいです。
ストロベリーナイト、どうも主人公の竹内さんがなぁ…(^^;
脇役やゲスト出演などの俳優さんが個性派で演技もしっかりしているので
姫川が浮いています。まぁ姫川って、あの男たちのなかで
特別な上司?だから浮きすぎているのがいいのかもしれませんがw
そいういう意味では竹内結子さんが似合っていますね。
私はやっぱり西島秀俊さんが好きです。
少し地味なんですが、何かその地味さが個性あって魅かれるんですo(^-^)o

キム・テヒを守る、おちゃめな役も良かったですね。可愛かったw
今回は、不器用な女刑事、姫川を影で支える役。
今後、菊田と姫川との接近?も期待ですvv

既にネタバレではないのですが、あえて4話のラストシーン
倉田が口パクにしたのは何かありますね。
多分「じゃあ、またな」と言ったようですが。
ここを引きずりつつ「過ぎた正義」とはと第5話にもっていきかたがうまい!
1話完結と思いきや、前編、後編というスタイルになるのかな。
続き観たくなるから視聴率あげにはよさそうですねw

ストロベリーナイト関連グッズは楽天で検索

ストロベリーナイト ネタバレ 過ぎた正義 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。