So-net無料ブログ作成
騒音が極めて少ない
大河ドラマ 平清盛 あらすじ ブログトップ

大河ドラマ 平清盛 あらすじ [大河ドラマ 平清盛 あらすじ]

大河ドラマ「平清盛」第3話のあらすじです。
その前に、2話の感想です。ネタバレありです。
早くもまえだまえだの子役から主役の松山ケンイチに変わり、
平太も元服して平清盛となります。
2話のみどころは、実父白河法皇(伊東四郎)との対面シーンですね。
清盛に産みの母親を自分が殺してやったと言い、
更に“もののけ”の血が流れておる”言い放ったシーンは圧巻でした。
さすが大河ドラマとなると伊東四郎のようなベテラン俳優は必須。
今回はメインが若手俳優ばかりですからねー。
しかし、白河法皇が亡くなってしまうので、
残念ながら、次回からはもうあのど迫力の演技がみれません。
伊東四朗/いい加減にしてみました2
伊東四郎といえば、そういえばお笑いだった。
しかし近頃ではベテラン俳優さんですね。

でも若手俳優も負けてはいません。
松山ケンイチの舞もすごく良かったです。
松山ケンイチは目の演技が鋭い。これから成長していく
清盛の姿が楽しみです。
ラスト間近でやっとライバル源義朝(玉木宏)も登場。
いやはや玉木宏、やはりかっこいいではないですか!!
男前ですねぇ~3話から楽しみです♪

色男~時代劇姿もお似合いです(*^-^*)
さて、次回のあらすじです。
第3回「源平の御曹司」
清盛(松山ケンイチ)は、瀬戸内海で海賊に奪われた食料を
漁民に取り返すという日々を送っていますが、
海賊と間違われてしまい、捕らえられ京に連れ戻されてしまいます。

取り返した食物を盗まれた漁民に返すという無頼の日々を送っていた。
しかし、賊と間違われた清盛は捕らえられ、京に連れ戻されてしまう。

京に戻っても父、忠盛(中井貴一)の言うことは聞かず、
わが道を行く清盛。
そんな頃、ある若武者と出会う。その男は清盛の人生で最大のライバルとなる
源義朝(玉木宏)である。
義朝は清盛に、源氏と平氏のどちらが上か、競べ馬で勝負しろ、とふっかける。

いよいよ本格的に玉木さんが登場!
楽しみですねーーー♪
玉木さん関連は楽天で検索安いです

大河ドラマ「平清盛」は毎週日曜日20:00~NHKで。
再放送は土曜日13:05~

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
大河ドラマ 平清盛 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。