So-net無料ブログ作成
検索選択
騒音が極めて少ない
蜜の味 ネタバレ 7話 ブログトップ

蜜の味 ネタバレ 7話 [蜜の味 ネタバレ 7話]

蜜の味の7話の感想です。
ネタバレあるのでご注意くださいね。

6話の最後では彩(菅野美穂)が、また何かを企んでましたね。


7話では親友の頼陽華(木村文乃)が、直子(榮倉奈々)に
彩が危険だと忠告するが、タイミング悪く直子の彼、則杉(溝端淳平)が
戻ってきて二人の会話を聞いてしまう。

せっかく叔父である雅人(ARATA)と直子、則杉は
ホームパーティをして、過去のことなど流れたかのようだったのに。

それにしても蜜の味というのは
人間誰しも孤独で、そこに蜜の味のように甘い
誘惑が訪れれば、どうしてもダメと分かっていても引かれていくのでしょうか。
この蜜の味というドラマは、やっぱり観ていて
少しイライラします(苦笑)でもサントラがいいんですけど次の展開がみえみえですね(笑)


これジャケットも綺麗ですね(*^-^*)


このドラマはとくに雅人(ARATA)や則杉(溝端淳平)など男が
どうもしっかりしないからだと思うのですが。
次回の予告では、ネタバレしてるので注意です。
ちらっと、彩と則杉がキスしてましたよね。
彩もやりすぎじゃないですかね~(^^;
まぁ、でも叔父と姪なのにキスする雅人(ARATA)も
ちょっと気持ち悪いんですけどー(^^;

ARATAさんっていい俳優さんなのに、なんでこんな役したんでしょう?
このドラマ最終回もドロドロで終わるのかしら。



ちょっと懐かしい、出てましたね。
来年の大河ドラマでは崇徳天皇を演じるそうで。
ぜひステキなARATAを観たいです。

蜜の味のグッズは楽天で



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
蜜の味 ネタバレ 7話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。