So-net無料ブログ作成
検索選択
騒音が極めて少ない
南極大陸 あらすじ 第6話 ブログトップ

南極大陸 あらすじ 第6話 [南極大陸 あらすじ 第6話]

南極大陸の第6話のあらすじです。
第5話では、氷室(堺雅人)が死にそうだったんですけど、
第6話ではどうでしょうw

あらすじなので、ネタバレもあるかもです。
ご注意ください。


どうやら倉持(木村拓哉)らが遭難して4日がたって、
氷室(堺雅人)と犬塚(山本裕典)を励ます倉持の体力も限界に近づいたみたいです。
倉持が願掛け?で放ったタロら3頭の犬達。
しかし、雪上車で倉持らを捜していた内海(緒形直人)は、
コンパスが狂っていることに気付き、がくぜんとする。
その後、第二次観測隊を乗せた「宗谷」が日本を出発。
南極到着まであとわずかという時に氷で身動きが取れなくなり、
白崎(柴田恭兵)は苦渋の選択を迫られる。


ところで、宗谷は南極大陸に行けるように修復できたのでしょうか。
そのあたりも続き気になりますね。




宗谷がんばれ!

南極大陸、やっぱり続き気になります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
南極大陸 あらすじ 第6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。